主婦のでも利用できるカードローン

カードローンは1万円から最大では500万~800万まで利用できるとても便利なカードです。
使用用途が決められていないので自由な使い方ができて、また融資限度額内であれば何度も借入が可能です。
私は主婦ですがいざという時の為に1枚持っています。

カードローンは収入があればパートやアルバイト、また私のような主婦でも利用できるのです。
生活費が足りなくなってしまった時や、夏や冬の帰省の時や旅行の時などちょっと足りなくなった時にも利用しています。ちなみに私が使っているのはおまとめに強いイオン銀行のネットフリーローンです。

カードローン会社専用のATMだけでなくコンビニや銀行のATMからも利用でき、またインターネットからも借入や返済ができるのでとても便利です。

返済日をすっかり忘れていてもインターネットから返済できるので焦ってATMまで出かける必要がないのです。
夫に内緒にして使っているのですが明細なども届かないのばれてしまう心配もなくて安心です。

カテゴリー: 総量規制対象外 | コメントする

返済方法が柔軟でいい

カードローンを利用してみると、色々と嬉しい違いに気づきました。それまでは主にクレジットカードのキャッシング機能を利用していたのですが、そのカードでは翌月一括払いのみでの返済方法しかありませんでした。

なので仕方なくその返済方法でやるしかありませんでしたが、内心とても損した気分でした。なぜならば、返済するためのお金を早めに用意出来た場合でも、早く返済することができない、つまり無駄に利息を多く払わなければならないからです。

ですがカードローンでは違いました。嬉しい事に追加返済が許されていたため、返済金を早く用意できた時は早めに返済することができたんです。なので利息もその分減らすことができました。これでかなりの節約になりますし、早めに返済できた時には気分的にもすっきりしてよかったです。

なのでそのような面でもカードローンを気に入って、今ではクレジットカードのキャッシングは不要になりました。

カードローンの審査の内容について

どなたでもご存じの通り、カードローンには審査があります。
簡単に言うと、この審査は、借り手に返済能力があるのかどうかを調べるものです。

具体的に言うと、申し込み側の「属性」が調べられます。
属性とは、その人の年収や職種、勤続年数などの事です。

銀行系のカードローン会社は年収を重視しており
消費者金融系は、定職の有無を重視する傾向にあるようです。
職種も審査対象ではあるものの、種類よりも、どれだけ継続して働いているかが重視されます。
また居住年数も審査対象になる場合があります。
引越し回数が不自然に多い場合は、審査で不利になります。

そしてカードローンの審査で必ず行われることが在籍調査です。

これは申し込み書類に記載されていた勤め先に
実際に借り手が在籍されているかを調べるものです。

借入予定者は、この在籍調査に不安を覚える物ですが
会社にカードローンを申し込んだ事を知られる事はまず考えられません。

最近は銀行系カードも審査が早く済むところが多く
その信頼性と相まって人気が高まっています。

カテゴリー: 総量規制対象外 | コメントする

カードローンの仕組みについて

カードローンは基本的には保証会社が保証されるため、原則保証人は不要だそうですが、申し込みの時には金融機関と指定された保証会社が両方とも審査をおこなうそうです。また、審査の結果、保証会社の保証が受けれない場合はカードローンを利用する事ができないそうです。

万が一、延滞や貸し倒れが発生した場合は保証会社が代わりに弁済し、その保証会社が債務者へ債権回収をすることになるそうなので、延滞したものと同じような取立てに遭う可能性があるそうです。

返済方法は多くの場合リボルビングで完済するまで毎月の約定日に口座自動振り替えで返済するようになるそうですが、資金に余裕があれば、直接、カードローン口座に入金したり、普通預金口座から自名義で振り替えすることもできるそうです。今では、有担保投資は一部の銀行やその他の金融機関で有担保による貸付をおこなっているそうです。

カードローンの選び方について

最近ではカードローンもとても手軽に申し込みができるようになっており、主婦の方やフリーターの方でも利用できてとても便利ですよね。なのでこれからカードローンを利用したいと思っている方も少なくないのではないでしょうか。

しかしカードローンは結構色々な種類がありますから、どのカードローンに申し込もうか迷ってしまうという方もたくさんいらっしゃる事かと思います。なので今回はそんな方ためにカードローンの選び方について書いていきたいと思っています。

まずは比較サイトを参考にしてみましょう。そうすれば効率良く人気のあるカードローンを知る事ができますし、特徴を見比べて自分にあったカードローンを選ぶ事ができます。この方法を利用すればきっと満足のいく結果になる事でしょう。

カードローンを利用してみたいと思っているけれど選び方がわからないという方は是非参考にしてください。

カテゴリー: 総量規制対象外 | コメントする

婚活資金が必要でカードローンを作りたい

クリスマスや年末に向けて婚活パーティーもたくさんあるし、エステに通ったりして綺麗になるための資金が必要なので、最近はカードローンを作ろうかなぁと思っているんです。そこでどのカードローンを選ぶか悩んでいるんですが、まずは安全な会社を選ぶのが1番大事ですよね。

なので、銀行か、大手消費者金融かのどちらかにしようと思ってます。

次に大事なのはやはり金利ですよね。金利となるとやはり銀行カードローンがダントツお得みたいですね。でも私でも審査に通るのか、派遣社員なのでちょっと不安です。一応派遣社員カードローン審査ナビを読んでみると安定収入さえあれば審査に通る可能性もあるとのことなので大丈夫だと思いますが…。

次の決め手となるのは・・ATMが近くのコンビニで使えるかとか、その時の手数料が無料かどうかだと思います。毎月返済して利用する度に手数料とられたり、遠くの場所まで行ったりしてたら苦痛ですからね。

他に選ぶポイントは何でしょうか、限度額とかかな?でも私の場合はそんなに高額な限度額はいりません。100万円くらいの限度額でいいです、といっても100万も融資してもらえませんよね^^;

カテゴリー: 総量規制対象外 | コメントする

カードローンの形態

色いろあるカードローンのかたち

カードローンというと、本人の信用情報をもとに返済能力があると認められた場合、利用限度額を決め、無担保でその範囲内であれば何度も借入ができ、分割などで返済する事が可能な融資の方法です。

「銀行系」は金利が低めであり、年収の1/3内という貸し出しの上限もなく、高額での借入が可能なものですが、審査は厳し目で、発行されるまでに少々時間がかかります。

「流通系や信販系」はデパートなどが発行するもので、顧客獲得を目的にしており、クレジットカードにキャッシング機能を持たせており、審査や発行が早く、ポイントがつくなどのメリットもあります。

「消費者金融系」は、フリーターやアルバイトなどでも借入ができる場合があり、金利は少々高めですが、審査も短く早く融資を受けたい人向けです。私が見たサイトに書いてあることをちょっと抜粋してみます。

「定期的な収入があり、安定していること」です。キャッシング会社にとってお金を貸すことは返してもらえるだけの能力がある人にだけ貸すということです。

カードローンの金利は3%から18%前後、借入限度額も500~800万円といったところです。

返済方法は、「元利均等方式」「元金均等法式」「分割払い」「リボルビング払い」などの方法がありますが、現在ではリボルビング払いが一般的であるといいます。

フリーターの方でキャッシングについてもっと詳細な情報を知りたいという方はフリーターキャッシングランキングをご覧になってみて下さい。

カテゴリー: 総量規制対象外 | コメントする

総量規制対象外のカードローン

総量規制とは年収の3分の1を超えてお金を貸し付けることができない規制です。多重債務者やカードローンで破産する人を増やさないために作られた規制なのですが困っている人もいます。特に大企業に勤めている正社員の人や公務員の人は年収が低くても収入は安定しているのでもっと借りたいという人もいます。

そういう人は銀行カードローンを利用すると良いでしょう。銀行カードローンは総量規制の対象外になっているので総量規制を超える貸し付けが可能です。おまけに銀行カードローンは消費者金融のカードローンよりも金利が低いというメリットがあります。

借りたお金は金利をつけて返す必要があります。金利の低いところから借りることが出来ればそれだけ返済総額を減らすことが出来てお得です。もちろん借りたお金は使い道自由なので遊興費に使ったり生活費の補填に使ったりすることも出来ます。

カテゴリー: 総量規制対象外 | コメントする

派遣社員でも利用できるカードローン

安定収入さえあれば誰でも利用できる

カードローンは、日本在住者であれば誰でも利用できる手軽で便利なローンです。しかも即日キャッシングできるので、すぐ借りたい!と思っている人には魅力的な商品です。安定収入さえあれば、アルバイトや派遣、パートや主婦の人でも借りることができます。

また個人消費者でなくても、自営業者や学生でも作ることができるカードローンもあります。年齢も20歳~70歳くらいまでと幅広い年齢層を対象としています。

金利も18%以下ですので、とても低金利になりましたね。銀行のようにわざわざこちらから出向いて店頭に行く必要もありません。インターネット、電話、郵送、自動契約機など、申込方法も自由に選ぶことができます。

審査も早いので、その日のうちにキャッシングすることも可能です。

借入や返済も近くのATMやコンビニ、インターネット、契約機、窓口と、色々選ぶことができるので大変便利です。

カードローンの申し込みは自分で働いていることが条件になります

カードローンはお金がなくて困った時にお金を借りることが出来ます。申し込みの条件は20歳以上の成人で自分で働いて収入を得ていることが条件になります。アルバイト、パート、契約社員、派遣社員なら自分で働いて収入を得ているので条件を満たすことになります。

つまり自分で働いて収入を得ている成人なら学生でも申し込みが出来ます。反対に専業主婦の場合は申し込みが出来ない場合があったり配偶者の同意が必要な場合があります。ただ年収が低いと希望する金額で借り入れ出来ない場合があります。

その場合でも借入限度額が10万円で借入が可能なことが多いので全く借入が出来ないわけではありません。ここで気をつけて欲しいのが短期間に何度もカードローンに申し込みをすると信用情報に記録が残ってしまいます。

下手をするとブラックリストに載ってしまってカードローンの審査に全く通過しないことになるので注意が必要です。

カテゴリー: 総量規制対象外 | コメントする

銀行のカードローンの進化と特徴

消費者金融が主に行ってきた個人向けの小口の融資のような内容となっている銀行のカードローンが次々と登場するようになっています。無担保でスピード審査が期待できるうえに、10万円以下の小額からの利用が可能であるのが、これらのカードローンの共通している部分です。

銀行の融資といえば、審査に時間がかかり提出しなくてはならない書類が多数必要だったのですが、これらを大きく改善して利用しやすい形へと進化しているのが、魅力となっています。

銀行のカードローンは、消費者金融のキャッシングとは違い、総量規制の対象とはなりません。年収の3分の1を超えた金額であっても利用することが可能となっています。

無利息キャンペーンなど利用する側に魅力的なサービスも設定されています。銀行に対して、今までとは違うイメージを与えるカードローンです。

カテゴリー: 総量規制対象外 | コメントする